QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > とある魔術の禁書目録Ⅱ 第15話 『女王艦隊』Top Page > とある魔術の禁書目録Ⅱ > とある魔術の禁書目録Ⅱ 第15話 『女王艦隊』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第15話 『女王艦隊』

2011/01/22 カテゴリ:とある魔術の禁書目録Ⅱ

★とある魔術の禁書目録Ⅱ 第15話の感想★

乗り込んだ船の中で偶然にもアニェーゼと出会った当麻達。
表向きはアドリア海の監視のためにあるという艦隊だが、
中身は労働施設で罪人に受けた損失を支払わせるために存在しているという。
当麻達との戦いでアニェーゼの部隊もここに収容されていると。
そこでアニェーゼは当麻達を見逃す代わりに、
捕らえられているルチアとアンジェレネを助けて欲しいと取引を持ちかける。
アニェーゼは陽動のために旗艦の方へと動き、約束通り当麻達はルチア達を助けに行くことに。


取引っていうから金でもよこせって言うのかと思ったけど^^;
アニェーゼも捕まってる身なんだよね。
一緒に脱出すればいいのに。
居心地がイイとか絶対ウソ・・w

あとアニェーゼの修道服って魔術が掛かってるのねw
インデックスちゃんと同じことが起きたしw
でも触れたの修道服じゃなくて手なんだけどw


ルチアが捕らえられている部屋へに辿り着き、
事情を説明して脱出経路を確保した当麻達。
そんな中、アニェーゼが刻限のロザリオと呼ばれる魔術の起動に深く関わっていることが知らされ、
仮に起動させた場合アニェーゼはほぼ死に近い状態にになってしまうという。

一方、アニェーゼが旗艦に辿り着いた頃、
指揮官であるビアージオ・ブゾーニは当麻達の乗っている船に攻撃命令を出し、
当麻達ごと海へと沈めてしまう。


修道服に掛けられた拘束機能って孫悟空の頭のあれみたいなw
当麻にエルボー食らわすとかオルソラってあんな暴力的だったっけ?w
おっとりしてるようで意外と怖いw
まぁ自分も当麻に裸見られてるしなぁw

刻限のロザリオが使える?のがアニェーゼで使うと死ぬってやっぱり脱出してれば良かったものを・・・w
って出来たらやってるだろうしなぁ・・・
でも重要人物ならビアージオも下手に手を出さなそうな気が。
あの船に残ってれば沈められることは無かっただろうし。


ビアージオの攻撃で海底に沈んでしまった当麻達だったが、
間一髪で建宮達天草式によって救出される。
体勢を立て直しアニェーゼ救出のために再び女王艦隊に乗り込む当麻達だが、
敵の激しい抵抗に遭いアンジェレネが負傷してしまう・・・


天草式どこから湧いたw
インデックスちゃんが助けを求めたのかな?w
あれ助けるラインかなりギリギリだと思うけどw
しかも気絶してる間に右手使われて修道服を脱がしたとかw
その部分を見たかったけどその後にルチアのパンツが見れたからおk?w
意外と子どもっぽいの穿いてるのねw
どっちかと言うとアンジェレネのぱんちゅが見たかったけどw

十字教徒が食べ物に執着など~ってインデックスちゃんにも言って欲しいw
というか聞いてる?w
なんかアンジェレネとインデックスちゃん似てるかもw
そして今回はすごく可愛く見える>アンジェレネ
五和はいつまでおしぼり作戦やってるの・・・?w

ダミーで艦隊を揃えるとかまるでシャアみたいなw
ただのダミーじゃなかったけどw
建宮達もカッコ良く見えるw
もう完全に上条勢力に入った感じなのかな?w


★とある魔術の禁書目録Ⅱ 各話の感想★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】とある魔術の禁書目録 / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 とある魔術の禁書目録Ⅱ 阿部敦 井口裕香 釘宮理恵 遠藤綾 鳥海浩輔 茅野愛衣 伊瀬茉莉也

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。