QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > とある魔術の禁書目録Ⅱ 第22話 『天罰術式』Top Page > とある魔術の禁書目録Ⅱ > とある魔術の禁書目録Ⅱ 第22話 『天罰術式』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第22話 『天罰術式』

2011/03/12 カテゴリ:とある魔術の禁書目録Ⅱ

★とある魔術の禁書目録Ⅱ 第22話の感想★

ラストオーダーを助けるため一人木原と対峙するアクセラレータ。
しかし僅かに残った電極のバッテリーが切れてしまい、
木原からの一方的な攻撃に晒されてしまう。
一方、当麻も氷華を助けるべくヴェントの前に立つ。


木原相手に60秒でケリを付けるのは難しそう・・w
っていうかバッテリー頼んでおいたまま受け取ってないしなぁ。
あったとしても木原だと反射で自分にダメージ食らうし。


氷華の影響を受け、当麻に攻撃をしながらも自分にもダメージを受けるヴェントは、
科学への恨みの理由を話し始める。
過去に絶対に安全だと言われた遊園地のアトラクションによってケガを負ったヴェントと彼女の弟。
病院に運ばれるも二人分の輸血が用意できず、弟に譲られヴェントは一命を取り留めるも、
弟は亡くなってしまったという。
科学によって大事な弟を殺され、未来を奪ってしまったと怒りをぶつけるヴェントに、
当麻は憎しみから解放しようと一撃をヒットさせヴェントを沈める。


ヴェントに起こった不幸は気の毒だけど、科学に対する復讐の理由にするは小さい気が。。
当麻がローマ正教にとって脅威だからとか、
科学がその脅威になるからっていう理由だと思ってたんだけど、そんな恨みがあったとは。

いや~相変わらずヴェントも救ってやるっていう当麻が優しすぎるw
自分の命を狙ってた奴なのにw


氷華を動かす核を探しにラストオーダーの元に現れたインデックスは、
ラストオーダーがその核だと気付き、美琴の話からその原理を紐解く。
単純な方法であっても祈りを捧げることで全てを救えると信じるインデックスは、
歌と共に祈りを捧げ始める。
と、倒れていたアクセラレータが立ち上がり、
残った力全てを使い木原を空の彼方へと吹き飛ばしてしまうのだった。

その頃、ヴェントを倒した当麻の前に、神の右席の一人である後方のアックアが現れる。
アックアはヴェントを回収するとその場から消えてしまう。


美琴様と呼べって何で様付けw
そういうのは黒子との間だけでやってろよとw
木原はアクセラレータに夢中でインデックスちゃんには完全スルーなのねw
だから祈りでアクセラレータが復活しちゃうんだ・・w
って、復活した原因があの祈りかは分からないけども^^;

アクセラレータの黒の翼?ってどうやって出したんだろう。
バッテリーは切れてるのに。
木原、見事に星になったなぁ・・・w

そしてCパートで出てきたアックア。
なんかゲームよりちょっと若い?w
ヴェントを回収しに来ただけみたいだけど、この後敵としてまた出てくるんだろうか。
っていうかあと2話しかないけども^^;


さて、今日は地震の影響でMXの放送が中止みたいですね。
まぁこういう時は仕方ないんですけど。
東京でも本当に凄かったですからね。。
余震も今でも続いてますし。。


★とある魔術の禁書目録Ⅱ 各話の感想★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】とある魔術の禁書目録 / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 とある魔術の禁書目録Ⅱ 阿部敦 井口裕香 佐藤利奈 岡本信彦 阿澄佳奈 藤原啓治 平松晶子

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。