QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第6話 『想出乙女』Top Page > 戦国乙女~桃色パラドックス~ > 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第6話 『想出乙女』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第6話 『想出乙女』

2011/05/10 カテゴリ:戦国乙女~桃色パラドックス~

★戦国乙女~桃色パラドックス~ 第6話の感想★

ミツヒデがノブナガに仕える前のこと。
尾張の国からやって来たノブナガと相撲勝負で初めて手合わせし、
それがきっかけで気に入られるようになったミツヒデ。
ある日、天下を取りために力を貸して欲しいと頼まれ、
以来ノブナガに仕えてきたというが、今ではヒデヨシに肩入れをしている現実・・w

一方、そんなヒデヨシはノブナガの誘いでからくりのある地下へと案内される。
そんな中、ノブナガの持つキセルが気になったヒデヨシはそれが祖母の形見だと聞かされる。


ノブナガのほっぺにある赤いやつ、昔は無かったってことは書いてるってことかw
あれ何で書いてるんだろうw

ノブナガと相撲やって一瞬赤くなったミツヒデが意味不明w
あの瞬間で何かを感じ取ったのかな?w
っていうかノブナガ自由人過ぎるw

器が小さいヤツには天下を取りは無理ってことですねおばあちゃん。
ノブナガは負けず嫌いも入ってる気がするけど・・・w


ノブナガの思い出話を聞く中、
動いてないというからくりを作動させてしまったヒデヨシ^^;
次々と襲いかかるからくりから逃れ、二人はなんとか地上へと脱出w

一方、甲冑の情報をいつも教えてくれるマサムネに何故自分で集めないのか尋ねるミツヒデ。
マサムネは自分を天下を取りの器にないと話し、ノブナガの甲冑集めに期待を寄せる。
またそんなマサムネは元の世界をのことを思い出しながら・・・


作動させるなよって思ったら案の定w
なんでたまたま触れたところがスイッチになってるんだw
それともそこら中スイッチだらけ?w

マサムネなんか黒い?って思ったらそれ以上に衝撃事実がw
正体は伊達先生だったのかw
ヒデヨシのこと日出さんって呼んだし、あの回想で間違いないと思うんだけどもw
あと提供バックでヒデヨシの携帯の隣にあった端末もマサムネのだったと。
神社で何してたんだろう。
自分からこの世界に来たっぽいけど。


★戦国乙女~桃色パラドックス~ 各話の感想は下のリンクからどうぞ★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 戦国乙女~桃色パラドックス~ 日高里菜 豊口めぐみ 喜多村英梨 平田裕香

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。