QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > 花咲くいろは 第8話 『走りだす』Top Page > 花咲くいろは > 花咲くいろは 第8話 『走りだす』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

花咲くいろは 第8話 『走りだす』

2011/05/23 カテゴリ:花咲くいろは

★花咲くいろは 第8話の感想★

福屋に回覧板を持ってきた際にとある雑誌を目にした緒花。
中には旅館の人気ランキングが掲載され、
湯乃鷺も取り上げられるとのことでこれに載ればお客さんが増えるかもとにわかに期待を^^;

一方、喜翠荘ではどうにかしてお客さんを呼べないかと考える縁。
そんな時、急に予約の電話が入りだし喜ぶ縁だが、
徹や菜子が休みのため手が回らなくなることを心配するスイと巴。
それでも足りない時は自分が出るとスイも張り切るが、
突然体調を崩してしまい入院を余儀無くされてしまう。


福屋は雑誌に載るんだろうなぁ。
っていうか結名は仲居として表に出てるのかな?w
いつも何もしないでふらふらしてるイメージがあるw
なんか自分が載ったらどうしよう~とか言ってたけどw

無料宿泊券なんか配ったら赤字に更に赤字になっちゃう気が^^;
経営傾いてるのに。

女将のはもしかして死亡フラグ?
「頑張りな。頼んだよ。」って言葉が任されてるって感じがして良いと思ったけど、
言われた緒花はそうは思ってないのかな・・w


スイが居ない分自分がしっかりしなければと崇子を呼び、お客さん達への対策を練る縁。
崇子は急増したお客さんの中に雑誌の覆面記者が混じってると考え、
記者を割り出してサービスに差を付けることを計画。
雑誌に取り上げられれば更にお客さんを呼べると話すも、
サービスに差を付けることに緒花は反対意見を・・。


早速崇子を呼んだ縁w
あの人胡散くさいんだよなぁw
任せると余計経営傾きそうw

雑誌に取り上げられるみたいだから記者が混じっててもおかしくはないけど、
なんか実は記者は一人も来ていませんでしたってオチになりそうw
本当に記者が混じっててランクインすれば凄いけどもw

でも差を付けるやり方は確かに良くないな。
女将が居れば絶対反対される。


崇子にプレッシャーを掛けられ、手際が悪くなってしまった板長の蓮二。
そんな状況から料理が間に合いそうにないと縁の元にやって来る民子だが、
崇子は記者と思われるお客さんを優先させればいいとあくまでも覆面記者にこだわる。
しかしそれではスイが許さないと緒花が反論し、休みだった菜子を呼び、
結婚式に出席している徹を式場まで迎えに行くことに。

その頃、緒花に会いに湯乃鷺へ向かっていた孝一は連絡がつかないことが心配に・・・


蓮さん急に慎重になりすぎw
普段どおりでいいのにw
意外とプレッシャーに弱いのねw

菜子は偉いなぁ~。普通休みに呼ばれたらあんまりいい気はしないものだけど。

徹を式場まで迎えに行くってまた面倒なことをw
しかも式場のどこに居るか分からないってw
前に福屋へ助っ人に行ったんだから今度はこっちに来てもらえば良いんじゃ?w

このタイミングで孝一が来るってことはもしかして孝一も手伝わされたり?w
徹を連れ帰ってくる所を見られて付き合ってると勘違いされるとかもありそうw
連絡がつかなくなってるし、俺の電話は無視して別の男と一緒に居たのかよ!ってw
ちょっと考えすぎかもw

予告で「ホントのホントにありがとね」って緒花が言ってるから、
手伝ってもらうのが一番ありそうかな。


★花咲くいろは 各話の感想は下のリンクからどうぞ★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】花咲くいろは / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 花咲くいろは 伊藤かな恵 小見川千明 豊崎愛生 戸松遥 能登麻美子 久保田民絵 浜田賢二

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。