QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > アスタロッテのおもちゃ! 第7話 『内輪のアポストロフィ』Top Page > アスタロッテのおもちゃ! > アスタロッテのおもちゃ! 第7話 『内輪のアポストロフィ』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

アスタロッテのおもちゃ! 第7話 『内輪のアポストロフィ』

2011/05/23 カテゴリ:アスタロッテのおもちゃ!

★アスタロッテのおもちゃ! 第7話の感想★

大賢者・ソルヴェイク(イニ)から世界樹の苗木を渡された直哉。
それを使えばロッテの魔力が回復すると、早速自宅へと戻ってくる。

しかし機嫌が直ってないロッテはやって来た直哉を家に入れまいと必死に^^;
加護精霊の守りを破って入れば再びおもちゃとして認めると試練を与えるが、
直哉の家なので加護精霊はあっさりと中に入れてしまうw

ロッテに謝り、二度と不自由はさせないと誓った直哉は仲直りのしるしとしてデコちゅーをし、
ユグヴァルランドへと戻ってくるのだった。

一方、イニはロッテの魔力回復がデコちゅーでされたと話し、珍しい現象に興味が湧いたと。


扉を開くにはロッテかメルチェリーダしか無理って言ってたのに、
カエルで元の世界へ行けちゃうのかいw
なんかよく分からないw

加護精霊意外と物分りの良いw
直哉は二階のベランダまでよじ登ったのかな?w
それを想像するとただの不審者にしかw

デコちゅーして欲しくてもじもじするロッテが可愛いなーw
っていうかデコちゅーで魔力が回復出来るってエッチよりも健全ですねw
本来はエッチで吸精しなきゃいけないのにw
特異体質なのか気まぐれなのかな?


ロッテを遊園地に誘うと屋敷にやって来たエリカ。
しかし既に直哉と遊園地に出掛けていると聞き、デートをしていることに嫉妬を^^;
そんな時、明日菜が直哉の娘だと知り、エリカは明日菜を連れて遊園地へとやって来る。

すぐに二人を見つけたエリカと明日菜。
エリカはロッテがどこまで進んでるのか気になって仕方がなく、
またロッテも見栄を張ろうと嘘を付き^^;


あの遊園地のチケットって誰が配ってるんだろう。
ロッテのはメルチェリーダから貰ったのかと思ったけどそうじゃないっぽいし。

わんわんやにゃんにゃんもしてるって何w
隠語なのか本当にこの世界ではそう言うのかどっち?w
逆にエリカはどこまでやってるんだw


エリカよりも大人であることを見せつけようとお化け屋敷に入るロッテ。
しかし恐怖のあまり泣いてしまいお漏らしをしてしまう・・・
そのことで落ち込んでしまったロッテは元気を無くしてしまい、
たまにおねしょをしてしまうことを直哉に告白。
そんな話に直哉も12歳までおねしょをしていたことを告白。
5歳で治った明日菜には恥ずかしくて言えないと話し、
もし12歳まで治ったらヒミツをバラしてもいいとロッテを元気付けるのだった。

夕方、屋敷に戻るとイニが家ごとを屋敷の敷地に引越しを^^;
直哉を愛人と呼ぶイニはロッテの前でキスをしてしまうのだったw


ただ泣いてるだけかと思ったらお漏らしまでしちゃったのか。。
ってエリカ「私のを」って穿いてたやつじゃないですか^^;

直哉も動じずに対処出来るのは凄いわ。
子供の扱いも上手いし。
10歳のおこちゃまの癖に逢引中に粗相って、大人なら問題だけど子供だから大丈夫。
おねしょは年齢的にどうなのか分からないけども・・w

あの象牙の塔はどうやって運んだんだw
実は移動式?w
直哉はロリばっかりにモテるなw
イニは300年生きてるとか言ってたからロリには当たらないのかもしれないけどw


★アスタロッテのおもちゃ! 各話の感想は下のリンクからどうぞ★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】ロッテのおもちゃ! / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 アスタロッテのおもちゃ! 釘宮理恵 田村ゆかり 佐藤利奈 生天目仁美 堀江由衣 チョー 藤村歩

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。