QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > DOG DAYS 第10話 『勇者と姫と希望の光』Top Page > DOG DAYS > DOG DAYS 第10話 『勇者と姫と希望の光』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

DOG DAYS 第10話 『勇者と姫と希望の光』

2011/06/05 カテゴリ:DOG DAYS

★DOG DAYS 第10話の感想★

ミルヒとレオを乗せたまま天空武闘台が宙に浮き始め空から魔物が出現。
直感で魔物が泣いていると悟ったミルヒだが、魔物の攻撃に遭いそのまま取り込まれてしまう。
星詠みで見たものが目の前で起き怒りに震えるレオだが、
魔物の圧倒的な力にかなわずに倒されてしまう。


ミルヒ一瞬死んだかと思った^^;
すぐ取り込んだから殺すつもりじゃなかったのかな?>魔物

レオも決して弱い訳じゃないんだけどさすがに魔物相手じゃ敵わないか・・
まぁおいしい所持ってったら勇者シンクの立場がないけどもw
っていうかあの壁よくよじ登ったなぁシンクとエクレw


魔物に取り込まれてしまったミルヒはその中で魔物の母親(土地神)と出会う。
かつてフロニャルドの山で土地神として暮らしていたという母親は、
ある日空から妖刀が降り、その妖刀に我が子が刺されたことで魔物に変貌してしまい、
自らも子供に取り込まれてしまったという。
魔物はやがて人里へ降りようとしていた所を聖剣で封じられてしまったというが、
封印の力が弱まり蘇ってしまったという。
我が子の苦しむ声を聞いているという母親は楽にさせてあげようとミルヒに殺すよう頼むが、
ミルヒは積み重ねられた悲しみは消えないと子供を救うことを決意する。


原因になった妖刀ってどこから降ってきたんだろう。
雷と一緒に降ってきたって言ってたけど具体的にどこから?
そこはあんまり重要じゃないのかな。

封印された復讐をするんだったらミルヒを取り込まないで殺せば良かったのに、
何で取り込んだのかも謎。
それとも助けて欲しいっていうサインだったのかなぁ。
なんか痛くて泣いてる土地神様の子供が可哀想で・・・

首落としてくれって頼まれてはい分かりましたっていう子じゃないしね。ミルヒ。


一方、トルネイダで魔物を追い掛け背中に辿り着いたシンク。
解放され出てきたミルヒから事情を聞いたシンクは、ミルヒと共に魔物を救うことを決意すると、
二人の持つエクセリードとパラディオンがそれぞれ剣へと変わり、
同時攻撃にて魔物の攻撃を退け妖刀を引き抜くことに成功。

シンクが妖刀に取り憑かれそうになるも、レオの弓による遠距離攻撃で妖刀は吹き飛び、
シンクとミルヒは土地神の子供を抱えその場から離脱する。


壁よくよじ登りで気力使ってたらトルネイダは使えなかったかもw
ホントにシンクとエクレとのコンビイイなぁ~w
地上に落ちたエクレあの後どうなったんだろう^^;

ミルヒの裸何回見たら気が済むんだシンクw
正直羨ましいw

合体技で妖刀を破壊しちゃうのかと思ったらそこは素手で引き抜きw
そんなんだから取り憑かれそうになってたしw
レオの神業過ぎる射撃で助かったけどもw

魔物との戦いもっと引っ張るのかと思ったら1話で終わったなぁ^^;
あとは帰る方法見つけて帰るだけ?


★DOG DAYS 各話の感想★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】DOG DAYS / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 DOG DAYS 宮野真守 堀江由衣 小清水亜美 竹達彩奈 高橋美佳子 寺本來可

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。