QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > 星空へ架かる橋 第9話 『スズメバチは昼行性』Top Page > 星空へ架かる橋 > 星空へ架かる橋 第9話 『スズメバチは昼行性』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

星空へ架かる橋 第9話 『スズメバチは昼行性』

2011/06/06 カテゴリ:星空へ架かる橋

★星空へ架かる橋 第9話の感想★

公園で倒れていた陽菜を発見した一馬。
幸いお腹が減っていただけで病気ではないというが、
そもそもの原因は父親とのケンカで家出をしたことが理由と。。

放っておけない一馬は千歌には内緒でとりあえず陽菜を部屋に上げ、
その夜はそのまま泊まらせることに。

東京の大学へ進学し、戻ってこないことを心配しているという陽菜の父親。
しかし陽菜にそんな考えはなく、実家で作っているお酒をより多くの人に知ってもらおうと、
経営学を学ぶために東京の大学へ進学を決めたという。
が、話し上手でない陽菜の性格からその理由を伝えることが出来ず、
一方的に大学進学を反対されていると。


前回の終わりからシリアス展開になるのかと思いきや、
初はいつものようにパフェを食べてるとw

ご飯いっぱい食べる子が好き?ってそれ初のことですよねw

なんか陽菜を部屋に上げる一馬が親に内緒で彼女を連れ込んでる息子のようなw
やましいことしてるわけじゃないしコソコソしなくてもw

なんでこのアニメはエロゲ原作なのにおっぱいが見えないだろうなぁ~^^;
くんかくんかして体を拭くシーンもフェチ度が高いけどもw

ハッキリ理由を伝えれば分かってくれると思うんだけど、
あの性格だからそれが出来ないんだよね・・w
最初の謝罪だってずーっと引っ張ってここでやっと謝れたし。


翌朝、部屋に陽菜を連れ込んでいたことが千歌にバレてしまった一馬^^;
事情説明で分かってはもらえたものの、
タダ飯は食わせないと一馬も含めて仲居として働くことに。

そんな時、噂を聞きつけた陽菜の父親が陽菜を連れ戻しによろづよに現れる。
騒ぎを聞きつけた一馬が陽菜の代わりに進学理由を説明し、
千歌の仲裁もあってその場を収めるが、陽菜の父親も素直に認めることはせず、
後日、一馬に綱引き勝負を挑みその勝敗で一先ず決着を付けることに。


なんだかいろは的展開にw
飯付きってだけでお金は貰えないんだろうけどw

陽菜ってお客さん扱いでよろづよに居るわけじゃないでしょ^^;
一馬も微妙だけどw
お金貰ってるわけじゃないし現に仲居見習いやってるし。

陽菜のお父さんもよろづよはお得意さんなんだから、
もっと穏便にいかないとw
旅館に卸してるってことはそれなりの収入になってるんだろうしw

で、何故か綱引き勝負w
最近じゃやらないそうですよお父さんw


父親も気合が入り危うく負けそうになる一馬。
しかし一馬も陽菜のために負けられないとギリギリで踏ん張り、
転びそうになった反動で見事勝利を収める。

その後、家に戻った陽菜は母親から父親の本音を聞かされ、
素直になれない父親に感謝の気持ちを伝えるのだった。


どこからあんなギャラリーが集まったんだかw
明らかに関係なさそうな人も混ざってるしw

わざと負けるつもりだったみたいだけど結果的に負けたんだし、
拗ねること無いのに面倒な父親だw
母親はサラッと下ネタ言うなw

しかしあの父親だと結婚する時も大変なんだろうなぁとちょっと考えてしまうw
その時もやっぱり綱引きで対決するんだろうか?w


★星空へ架かる橋 各話の感想★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】星空へ架かる橋 / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 星空へ架かる橋 浅沼晋太郎 中村繪里子 吉田真弓 大橋歩夕 河原木志穂

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。