QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話 『強奪乙女』Top Page > 戦国乙女~桃色パラドックス~ > 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話 『強奪乙女』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話 『強奪乙女』

2011/06/14 カテゴリ:戦国乙女~桃色パラドックス~

★戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話の感想★

甲冑を奪い逃走中だったマサムネを発見したノブナガ達。
しかしマサムネの手元に甲冑は無く、既にイエヤスに奪われてしまったという。
それを聞いたノブナガとミツヒデは急いで城へと戻り、
ヒデヨシも怪我を負ったマサムネと一緒に城へと向かう。

その頃、残る甲冑を奪うため安土城を襲っていたイエヤスとハンゾウは、
忍び返しを巧みに避けながら天守閣を目指していた。


マサムネの裏切りを見抜けなかったってミツヒデが言うことかw

イエヤスはそのままでも強いのか、マサムネが弱いのか瞬殺じゃないですか^^;
まぁ中身はただの教師なんだけどもw
一人だけ妖術が使えるっていうのもせこいんだよなぁ・・イエヤスw

そしてそんなせこいイエヤスはハンゾウを使って忍び返しを突破w
人使い荒いのにそれでも付いてくるハンゾウは余程心酔しているのかw

そういえばヨシモトはどうなったんだろうw
未だに百合小説書いてたりしてw


マサムネが伊達先生であることが分かり、天下統一を目指す理由を尋ねるヒデヨシ。
伊達家の末裔である伊達先生はある日、
同じく過去に戻って天下統一を目指していた未来の末裔と出会い、
そこである端末を手にしたという。
端末のデータは末裔の消滅と共に消えてしまい、
復元させるためかすかなデータの記憶を頼りに実家の蔵を訪れると、
末裔が持っていたものと同じ宝玉と古文書を発見。
託された端末と宝玉を使い、過去に戻って天下統一を目指す決意をしたという伊達先生だが、
過去を変えることにヒデヨシは反対で・・・

一方、イエヤスは残る甲冑の前に辿り着き、妖術で甲冑を発動。
ついに真紅の甲冑を身にまとってしまう。


あのメットの人は未来人だったのか。
しかも伊達家の人間と分かりやすいように三日月のマークあったしw
声がシロと同じだったのは何か繋がりでもあるのかな?
シロのカブトも三日月の飾りが付いてるけど。

歴史を変えるって言っても現在と繋がった世界じゃなければ意味ないような?
戦国乙女の世界ってヒデヨシや伊達先生の世界と繋がってるのかな?
繋がってたとしてそんなことしたらタイムパラドックスが起きちゃうよ・・w
タイトルに桃色パラドックスって入ってるけどもw

天守閣のからくりって多分ノブナガが出掛ける時は作動させて抜けるようにしてあるんだと思うけど、
それなら正解ルート残さないで全部抜けば良いのにw
居る時はスイッチ切ってるんだろうしw

で、ついに真紅の甲冑を着けたイエヤス。
っていうか甲冑の形変わってビキニアーマーになってますがw
今更ながらこの世界の鎧って素肌が出ちゃってて鎧の意味がないんだよねぇw


★戦国乙女~桃色パラドックス~ 各話の感想は下のリンクからどうぞ★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 戦国乙女~桃色パラドックス~ 日高里菜 豊口めぐみ 喜多村英梨 平田裕香 明坂聡美 渡辺明乃 佐々木望

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。