QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > 緋弾のアリア 第10話 『特訓』Top Page > 緋弾のアリア > 緋弾のアリア 第10話 『特訓』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

緋弾のアリア 第10話 『特訓』

2011/06/17 カテゴリ:緋弾のアリア

★緋弾のアリア 第10話の感想★

理子に呼び出され、ブラドから宝物を取り返すための作戦を提示されるキンジとアリア。
理子は宝物があるとされる別荘の見取り図を見せるが、肝心の地下の見取り図が無く、
二人に執事とメイドになってもらい潜入してもらいたいと・・・

理子は早速アリアにメイドの言葉遣いを教え込み、
キンジにも特訓をさせるため保健室へと呼び出す。


理子の着ているものはメイド服じゃない気がするw
あんなに肌の露出が多いメイド服はなんかイヤw

アリアの母親は生きてるから二度と会えないっていう訳じゃないけど、
それでも濡れ衣着せられて何百年という刑期があるんだよねぇ。
だから怒るのも無理ない。。
っていうか理子の場合どこまで本当のこと言ってるのか分からないんだよなぁ。
ハイジャック犯として一回敵になってるし、
形見のロザリオとか言われてもそれが本当なのかどうか。
涙も嘘泣きなんじゃないかと・・・w

アリアが洗脳を受けたかのように御主人様を連呼w
幅広く教えないと意味ないようなw


校内でジャンヌと出会ったキンジ。
司法取引で留学生扱いになっているというジャンヌは、
ブラドの屋敷に潜入することを知っており、理子とブラドとの過去を話し始める。
ジャンヌにとってもブラドは敵であり、
弱点を絵に描いてキンジに伝えるが絵の方はあまり上手くなく^^;


ジャンヌ普通に学校に居てびっくりしたw
何でこう敵だったキャラが普通に学校に戻ってきたり現れたりするんだろうw
しかも残り話数が少ないのにw

なんか理子は監禁以外のこともされてそうな・・w
そもそもブラドが人間じゃないっていうのが意味不明。
日本で言う鬼って言われても鬼自体存在しないしなぁ^^;
モンスターとか魔物って言ってくれた方がまだ納得するんだけどw
ジャンヌが描いた絵はまさにモンスターだけどw

弱点4つのうち3つしか分からないんじゃ意味無いじゃんw
同時攻撃しないとダメなんだからw


その後、理子に指定された保健室へとやって来たキンジ。
やがて女子達が保健室に現れキンジは慌ててロッカーの中へ隠れるも、
鋭いレキに見つかってしまい、女子達の前に姿を晒されてしまう。

そんな時、窓を割って白銀狼が現れ保健室の中は騒然。
キンジは逃げ去った白銀狼を追い、レキと一緒に建設中のビルへとやって来る。

足跡を辿り一瞬追い詰めるも白銀狼の足は速く取り逃がしてしまうキンジ。
が、レキはそれを見逃さず精密射撃で白銀狼の動きを封じ、
一発で服従させると武偵犬として飼うとレキは連れ帰るのだった。


下着がハッキリ見えないのは物凄くもどかしいw
別に見せてくれたってイイじゃないかとw

狼が侵入する前に先生が怪しい顔を見せたけどやっぱり悪いヤツ?
なんか最初から怪しい匂いはしていたけど。
狼を呼んでキンジを襲わせたように見えなくもないけど、狼もただの狼みたいだしなぁ・・・w

レキの精密射撃はホントに神業だなw
キンジ同様外したのかと思ったw
で、絶滅危惧種の狼を飼うことになったレキw

この狼の侵入騒ぎの話は必要だったんだろうかw


★緋弾のアリア 各話の感想は下のリンクからどうぞ★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】緋弾のアリア / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 緋弾のアリア 釘宮理恵 間島淳司 伊瀬茉莉也 石原夏織 川澄綾子 近藤孝行 野島健児

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。