QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > ロウきゅーぶ! 第10話 『美星(ビューティフル・スター)の悲劇』Top Page > ロウきゅーぶ! > ロウきゅーぶ! 第10話 『美星(ビューティフル・スター)の悲劇』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

ロウきゅーぶ! 第10話 『美星(ビューティフル・スター)の悲劇』

2011/09/10 カテゴリ:ロウきゅーぶ!

★ロウきゅーぶ! 第10話の感想★

練習を重ねてきたこともあり実力が知りたいと試合へ出場したいと言う真帆。
しかし公式試合への出場には選手が10人必要であり、
それを知っているのは昴と智花だけで・・・

そんな中、御庄寺のつてで硯谷女学園ミニバス部との合同練習をすることになった智花達。
葵も一緒に同行し美星の運転する車で硯谷女学園へと向かうが、
途中で美星が倒れてしまい智花達は歩いて硯谷女学園へとやって来る。

出迎えたミニバス顧問の野火止初恵先生は智花達に対し好意的な態度を取らず、
宿舎を貸さないなど待遇もあまり良くなく・・・


今5人しかいないのにあと5人増やさなきゃダメってキツイな。
経験者のもっかんは知ってるみたいだけどまだ言ってないって・・・
もっかんは試合には拘ってなくてもいずれ出たいってなる日が来るよねぇ。

葵も合宿参加で下手なことは出来なくなった昴^^;
ぱんつ拾うイベントはもう無いだろうなぁw

っていうか美星がいきなり倒れてビックリw
サブタイの悲劇ってそういうことだったのねw
虫垂炎ってどんな病気なんだろう。

そんでもって相手校の先生融通が利かなすぎw
キャンプって言葉をそのまま受け取るってw
テント張って寝泊まりしろとか本当にキャンプじゃないですかw

汚らわしい劣情で子供たちに牙を向くw
何気に葵も酷い事言うねw


仕方なく指定された場所にテントを張った智花達。
そこへ野火止先生の妹でミニバス部の臨時コーチをやっている麻奈佳が現れ、
姉とは対照的に水汲みの案内をしてくれたりととても好意的で。

その夜、智花達は学校のお風呂を借り、
男湯が無い昴は外の水道で体を拭くだけでお風呂を済ませ^^;

お風呂から戻った智花に誘われ二人きりで星を見にやって来た昴。
智花は冬にしか見られない星が見たいと話し、昴と一緒に見に行く約束をし。


テント張ってキャンプ気分ってのも悪くないかもねw
これが相手校での練習試合とかじゃなければw
麻奈佳はいい子なんだけどな~w

真帆はいつも元気で見てて飽きないのがイイ☆
言うなら一番子どもっぽいw

水かけのシーンでもっかんにひまわり規制があったのはなんだw
ぱんつは穿いてるだろうし濡れてちょっと透けちゃった?w

昴にもお風呂貸してあげて欲しいw
別に一緒に入るわけじゃないんだからw
それでも冬じゃないだけマシかw

もっかんと二人っきりで星を見に行ったことは葵には知られてない?w
兄妹みたいな感じだから変に心配する必要も無いんだけどw


翌日、体育館に集まった智花達。
野火止先生は智花達の相手をレギュラーではなく下級生にさせようとするが、
そのことに麻奈佳や昴達は納得がいかず。
そんな舐められた態度に怒る真帆だが、相手キャプテンの藍田未有に公式戦への出場有無を問われ、
出場には最低でも選手が10人必要だと追い打ちを掛けられてしまう。
その事実を教えてもらってなかったことにショックを受けた真帆は体育館から飛び出してしまい・・・・


ルールを知らなきゃ舐められても仕方ないか。。
昴と智花もこんな形でバレたくなかっただろうなぁ。
意地悪で隠してたわけじゃないってことは分かってくれるかな。真帆。
もっと早く言うべきだったんだろうけど。


★ロウきゅーぶ! 各話の感想は下のリンクからどうぞ★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】ロウきゅーぶ! / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 ロウきゅーぶ! 梶裕貴 花澤香菜 井口裕香 日笠陽子 小倉唯 日高里菜 伊藤静

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。