QLOOKアクセス解析

NINJA TOOLS

Top Page > スポンサー広告 > THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第22話 『聖夜の夜に』Top Page > THE IDOLM@STER > THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第22話 『聖夜の夜に』





スポンサーサイト

--/--/-- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】
TB(-) | CM(-)

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第22話 『聖夜の夜に』

2011/12/02 カテゴリ:THE IDOLM@STER

★THE IDOLM@STER 第22話の感想★

年末はイベントやライブ、特番などスケジュールが詰まっているという765プロのアイドル達。
春香は昨年同様にクリスマスパーティーを開きたいと言い、
プロデューサーはその願いを出来る限り叶えるよう約束する。

春香自身も各メンバーに電話を掛けスケジュールの確認をするが、
どのメンバーもクリスマスは仕事が入っていると・・・

そんな中、春香と美希に舞台の仕事が決まる。
千早は海外レコーディングが決まり、普段でさえも中々会うことが少なくなる中で、
春香はみんなが集まってくれることを期待しクリスマスパーティーを楽しみに待つ。


財布は良い物を持ってないとお金が逃げるっていうよプロデューサー^^;

千早は完全復活って感じだな~。
美希はすごいメイクでCM出てるしインタビューにはマイペースで答えてるしw
クリスマスはハニーと過ごすとか問題発言でしょw
折角売れてきてるのにw
ブログやってたら炎上してるだろうなぁーw

最初の頃は仕事なんて殆ど無かったから集まりやすかっただろうけどね。
みんなと集まって遊ぶために事務所に入ったわけじゃないしその辺は仕方ない。
仲間との時間も欲しいのは分かるけど、春香自身にも舞台の仕事が入ってきてるし。


そしてクリスマス。
ケーキを買って事務所に戻ってきた春香は既に集まっていた真達と一緒にパーティーの準備をし、
後からやって来た雪歩の誕生日をお祝い。
プロデューサーや美希も集まり、無事全員集合したところでクリスマスパーティーが始まる。

また高木社長は美希がアイドル賞を受賞したことをみんなの前で発表。
全員が集まれたことが奇跡と話し、来年は集まれないかもしれないと寂しさを感じる真に、
忙しいことは良い事でファンと過ごす方がアイドルとして良いクリスマスだと言う伊織。
伊織の話に共感しながらも変わって欲しくない部分はあると千早は話し、
春香はこの先も同じように集まれたらと願うのだった。


雪歩ってクリスマスが誕生日だったのね。
それなら尚更みんなで集まりたかったのかも?
っていうかクリスマスケーキと誕生日ケーキ合わせてもケーキの数多すぎw

ファンとクリスマスを過ごした方が変な噂立てられなくてイイかもねw
今回たまたま集まれたけどもう全員集まることは今後無いかもしれないし。
メンバーも多いし、個々の活動状況によって変わるからなんとも言えないだろうけど。
一番良いのは全員でファンとのクリスマスイベントをやれば、
終わった後に打ち上げを兼ねてパーティーが出来るんだけど。
これなら集まりやすいし。

そういえば春香がプロデューサーに買った財布ってあの後渡せたのかな?w


★THE IDOLM@STER 各話の感想は下のリンクからどうぞ★

気に入って頂けたら押して頂けると嬉しいです♪
web拍手 by FC2

【テーマ】アイドルマスター / 【ジャンル】アニメ・コミック
タグで他の感想やレビュー、記事をチェック♪
【タグ】 アニメ 感想 アイドルマスター 中村繪里子 長谷川明子 今井麻美 仁後真耶子 浅倉杏美 平田宏美 下田麻美

コメントの投稿

ネタバレ的なコメント、記事に関係無いコメントはお控え頂く様お願いします。
内容によっては管理人の判断で削除する場合があります。
それ以外のコメントはお気軽にどうぞ♪♪
誹謗中傷については然るべき措置をとらせて頂きます。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックをされる場合は必ず“リンク形式”での言及リンクをお願いします。
言及リンクが無い、URLを羅列するだけのトラックバックは一切受け付けませんのでご注意ください。
また上記を無視してトラックバックを送り続ける方はアクセス制限という形を取らせて頂きます。


この記事のトラックバックURL





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。